Top > おすすめカード紹介

おすすめカード紹介
HTML ConvertTime 0.140 sec.

どのクラスでも使えるNeautralの、単独で機能する強力なものを紹介していく。
よくわからないならMumbow Meow Jumble 3→Boowolfine 3→Big-Locked Chest 3 →Blibl 1→Demonic Rose 1→Boowolf 3→Elite Drheller 2→Grinch 2の順で作ればいい

最初から持っているカード Edit

Black Tiwabbit Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/a8b02a90251da903e820a787781da713a4b48174
1マナ1点出せる超小型ミニオン
AP Prismを踏みながら出すことで0マナで撃つことができる
が、ドローソースをきちんと用意できていないと息切れを早めることになる
他のDCGだと割と使える部類のカードだが、このゲームは攻撃対象を選択できないため低コストミニオンの価値が低い
Buffをかけたり生贄にするなど特殊な用途が無い場合、採用枚数はよく考える必要がある
おすすめというよりはむしろ警告の意味で掲載しておく
プリズム欲しさに初手空撃ちなどもってのほかである


1点出すことに特別な意味を見出だせるなら話は別で、SramやSacrierでは特別なシナジーによりコンボパーツとして採用できる

Glai Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/47a8a8564b72c7b2cf257ff51e7cf2a0323f7d23
MPを1増加させることには複雑な意味がある
このカードの意味を理解することが初心者脱出への第一歩
公式大会でもよく見かける

Red Piwi Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/2a80ab9d5ba034dc9979d1d634aa290606e3e246
小粒なBuffカードと思いきや本体性能がとても高い
このカードが出てくる3マナの時間帯では2点除去と展開を同時に行うのは難しく、先発の様子見要員としても優秀
特筆すべきは4MPで、Dofusに肉薄するのが早いため相手に対応を強要することができる
返しのターンで対面が召喚されなかった場合、次の敵に除去を撃てばそれだけでDofusに3点入れることができる
AT3も絶妙で、初期出現のCurse2つと合わせて5点届く計算になる
スタッツがATKに寄っているのでもちろんそのまま交換しても良い


HPが2しかなく除去に弱いのが難点
構築が整ってくる高ランク帯では見かけなくなる

Lela Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/6747e6d4cbad2823d153ec582ab3cbfba8931e8b
1/1Buffでこの性能は文句無し
構築次第では公式大会でも見かけるレベルの強カード

Wild Gobball Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/9e87bb7a7ae8f5ae010f1da5632e7f2f6842c860
このゲームにおいてATが5あるかどうかというのは重要な意味を持つ
DofusのHPが5だからである
HPも格下にやられない必要十分の耐久がある(強カード群はn/2/3/nやn/2/4/nなどが多い)
他のバニラカード群とは一線を画すスタッツをしている
公式大会でも見かける

Black Wabbit Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/44c5c2b54590d68ce2ea873696df404be0653024
初期から持っているカードの中では間違いなく最強で、トッププレイヤーが公式大会で3積みするレベル
召喚と除去を同時に行えるカードはどのカードゲームでも強い
即効性と高い本体性能、他レーンに干渉する能力があり序盤の多レーンラッシュを返しやすいのが魅力
Xelor Cra Sadida辺りにある、トドメを指すと追加効果が発生する除去スペルの補助にも使える

Royal Moogrr Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/2826065a457b42c90bc9c411f04ff5e8d27e504c
3点除去と展開を同時に行ったり、有利状況で攻めを急ぐ時に使うカード
文句無しで強いが先出しできないため採用枚数は考える必要がある

Wobot 02 Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/89433df0abf6540ccdc086d03d23f41216becb66
場持ちが良い大型ミニオン
パックから良いのが出てくるまではこれを終盤向けのカードとして採用すると良い

Common Edit

Scarafly Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/2e50fa2d5acd256f14e36df5535eafc1dbc51ca8
このゲームにおいて1体のミニオンで複数のレーンに対応するのは簡単なことではない
早い時間帯から複数のレーンにプレッシャーをかけ、追加の召喚を要求する
リザーブを使いづらく、ターンのAPが無駄になりがちな初手で出せれば次のターンの動きが大きく広がる
そういった小型ミニオンの性質に加え無視できないAT2、及第点のMP3、発動タイミングがDEATHなので後続にAoE Buffがかかる、1マナなので処理札も撃ちにくい
様々な要素が噛み合っていて、ハンドの枯渇にさえ注意すれば1マナミニオンとして申し分無い働きをしてくれる
トッププレイヤーもよく採用している

Chafer Lancer Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/59e3eb552a578cfefff0ad41f1eacf9b50eb2cfa
Pile of bonesは「Chafer」カテゴリモンスターの共通効果であると同時に、彼らが死んだ時に場に残る骸骨のこと指す
Pile of bonesは死ぬとその場に骸骨を残し、その骸骨をPile of bonesが踏んだ時、1/1のBuffがかかる
そしてこのミニオンは場に出した時、0マナで好きな場所における骸骨カードを手札に加える
タイムラグこそあるものの2マナミニオン最強である2/3/3/3のスタッツを持ち、安心して先出しすることができる
最速で出してプリズムを回収し、後続の展開を早めるのに向く
単独で完結しているので他のPile of bonesカテゴリのカードを用意する必要はない
運良くパックから出たならもちろんカテゴリカードとの相乗効果を狙っても良い

Mumbow Meow Jumble Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/102339d636ecf42f132c6302be43142211042c53
3マナ帯のアド回収ミニオンならオススメはこれ
Boowolfineと同様自身がサーチ対象に含まれており、手札消費無しで出せる
本来小型カードは息切れを早めるためなるべく採用したくないが、相手が出してきた時のために採用せざるを得ない
序盤に集中したこのカードは3マナ帯のやりたいことと噛み合っており、非常に運用しやすい


欠点はHPが2なので小型除去に弱く防衛に向かない点、良くて相打ちなのでリードを作りづらい点

Attractive Bow Meow Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/476b8a42adff0015cf5d996d9c49d616e8cde0fe
上記Mumbow Meow Jumbleのサーチ対象
Attract能力は「先出しでも攻撃の権利を得る」能力であると考えればいい
相手に対応の余地を与えないので思惑を崩すことができる
Rangedに対して特に強い

で、あるのだが
実際には効果を殆ど無視して素出しされる
MP4が強く、2/4のスタッツも小型を返すのに向く
適当に放り込むだけで対応を迫ることができ、卵に張り付いてしまえばHP4はBlack Wabbitでは処理できない

Big-Locked Chest Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/66fae20e8d1cf0dfbc0c9b8cd203e0e03cc0e6e6
3マナ帯のアド回収ミニオンその2
このカードが死んだ時、その列の一番手前のセル(プリズムがあった場所)にLoot(トレジャーバッグ)を設置する
Prism同様ミニオンで踏むと回収でき、3種類あるトークンスペルのいずれかを手札に加える
3マナミニオンは先出しされた1-3マナミニオンの対応が主な仕事で、それに向いたスタッツを手札消費無しで出せるのが強み
2点出したり+1/+1したりと、他のレーンを補助する手段を3マナ帯で用意できるため、除去や点数調整が欲しいなら採用に足る
一度フィールドを経由するので手札が溢れる時には拾わない選択ができるのも◎


欠点は回収する必要がある点、考えなしに出すとプリズムの展開を阻害する点、ピッケルがテンポロスになりがちな点

  • 2マナ Inflict 2 damage
  • 2マナ give a minion +1/+1
  • 2マナ Draw 1 card, it cost 1 less

Demonic Rose Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/835e85fa19d69bc74ddd46563676aadeebee8ce9
通常の戦闘は同時に攻撃が行われるが、スタンさせれば反撃を受けずに倒すことができる(倒しきれなかった場合は反撃する)
つまり本来相打ちになるはずの戦闘を一方的に制することができる
同様の効果がIOPの2マナスペルにあるが、こちらはミニオンなのでプリズムを回収できる
APプリズムを回収すれば実質2マナで撃て、Neautralでありながら盤面に与える影響が強い
考え無しに採用できるカードではないが、ATKの高いミニオンやBuffカードと高いシナジーを形成する


本体性能が皆無で小型ミニオンすらまともに返せないのが欠点

Blibli Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/a794a145ae01ba8ac1d62fca65d0a698df0a336d
基本的に素出しはせず3マナ3点除去として使う
除去が不足していると感じたなら採用してみても良い
クラスや資産によっては不足する軽量除去の無さをカバーできるのが強み
Rangedミニオンに滅法強い一方で、BoowolfやFirst Strikeに手も足も出ないのが難点

Sergeant Izungry Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/caaa82cc3dedc79c6bc051655f46ce181811d728
MPすら捨てたスタッツ全振りバニラ
Wild Gobbaleより使いにくいが、そのWild Gobbaleを筆頭に高効率とされる5/4スタッツを一方的に倒すことができる
挙句の果てにWobot 02を始めとする高コストミニオンと相打ちできてしまう
Lela、Attractive Bow Meow、Black Wabbitなどの2/4ないし3/4にも強い
公式大会でも見かける

Boowolfine Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/b7d032a5f7553c48882b315f30f4172916fccbed
Boowolfカテゴリのサーチカードだが、これ自身がBoowolfカテゴリに属するため自身を持ってくることができる
単独で完結しており、1枚の消費で3回使うことができる中型ミニオンとして扱うことができる
資産の無い状態で最も大きな課題となるのは息切れであり、Commonでありながらそれをかなり緩和することができる
ハンド補充カードで5/4/4/3はかなり優秀なスタッツといえる

Uncommon Edit

Grinch Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/ece063f77aa7edad7f484872432e86178d75a47b
サイレンスはどのカードゲームにおいても例外なく強力
ピンポイントなメタカードなので採用枚数は吟味する必要があるが、クラスカードと合わせて要所で撃てる枚数は採用したい

  • 3マナに全く同じ効果のInfiniteが居る
    まぁ彼はVigilanteカテゴリに属しているのでまた違った需要があるのだが

Boowolf Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/7fa03360606e17c3427ed13333e579aee7510145
Boowolfは敵を倒すと1段階成長することができる(HPが満タンの6/5/5/3になる)
格下相手に置くことで処理を強要でき、もし通ったらそのレーンは勝ち確
SADIDAやFECAはARを追加する手段が豊富なので特に相性が良い
2マナのBoowolfはスタッツが弱く、補助無しには成長が難しいので採用圏外
3マナはまだ何とかなるのでBuffカードが多いなら検討に値する

Elite Drheller Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/5ec91ed360d349a4fb855de9396fdc1f843fb3c3
ドローソースが欲しいならこれ
発動タイミングが微妙でリターンを得るのに時間はかかるが、1枚で3~5枚ほどのドローが見込める
このゲームは他のDCGと異なり攻撃対象を変更できないため、こういったシステムミニオンの処理が難しい
HP4点は軽量除去が届かない絶妙のラインであり、この手のシステムミニオンにしてはかなり安定して回収できる
2~3枚挿しておけば軽量カードを多めに採用でき、事故率を下げることができる
Wallによって進行方向を塞いでやると永遠にドローし続けられる

Dominant Rat Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/50c4085988c8b074f6881da5b98606455fc9e115
死ぬと1/2のRatouが出てくる

Rare Edit

Rareはコストが重いので作成が難しい
アンコモンが一通り揃うまでは我慢すべき

Green Larva Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/13d2e0b9feee1b3fd7c360cb9f58797f96e4fcf3
AT3以下のミニオンを敵味方問わずランダムな隣接する列に移動させる
Rangedに回答したり眼前の戦闘をすっぽかしてDofusに一撃入れるのが主な使い方
Chafer Lancer・Red Piwi・StrichなどAT3の小型アタッカーと相性が良い
両端の列であれば必ず隣の列に行くため、ランダム性を排除できる
隣レーンの敵ミニオンを持ってきたり、卵の無いレーンに流したりする動きもできる

Moloch Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/915954159d2318060828c0a2bec1d27b1f59c4b5
ミニオン1体を生贄にする必要があるが、3/5/5/3は破格の性能
見た目ほど重いコストではない点がミソで、ゲームのシステム上低コストミニオンは格上に一方を取られることが多く戦闘前に死に札になっていることも多い
構築単位で工夫する必要があるので採用するなら3積みが望ましい
上で紹介したDemonic Roseなど効果全振りの出し切りミニオンと組み合わせれば早い段階からゲームを荒らすことができる
サイレンスされた場合、弱くなったMolochを生贄に2体目のMolochを出せば良い


単独では機能せず腐りやすいのと、サイレンスやAR貫通に致命的に弱いのが欠点

Master Shhhudoku Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/a81daaa515cf8613197704eaeaa2b2a02b177ff0
Shieldはゲームのルールと噛み合っていて強く、採用率が高い
特にBoowolfとは高いシナジーを発揮する
小型を返す最低限のスタッツを保持しているのもポイント

Tormented Lily Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/ed2eb12bb63b1bcab86db5fedb9380406a19b0be
パックからは出ないのでクラフトでしか入手できない
毎ターン終了時、自身のHPを1使って全体にBuffをかけるカード
Leader能力と違って本体が除去されても効果が残るのが特徴
END OF TURNの能力は移動前に発動するので即効性があり、複数回発動できる

Toothy Arachnee Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/389abf031aeff98adcb98b1e9eab47a5d98a5479
自身がIRREMOVABLEを持ち、全てのミニオンにもIRREMOVABLEを付与する
Repel、Attract、Chargeを封殺する効果に加え5/5/3と恵まれたスタッツを持つ
Chargeが得意なIop・Sacrier、全体Repelやバックドア能力を持つSram等、一部のクラスによく刺さる
RALLYINGが前提になってるFecaに至ってはこれ1枚で機能停止してしまう


自分の位置操作カードも無効にしてしまうので使用には注意が必要

Alpha Boowolf Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/ad3e67af9adab70c42ac6f063a17b34bcfef4d64
弱い要素がない
できれば欲しいが作成コストがとても重い
Necrosパックからしか出ない
もし出たならかなり喜んでいい
Necrosレアの中では一番強いかもしれない

Krosmic Edit

作成に600Spirit必要だが、デッキに1枚しか入らないのでむしろ300*3のRareより作りやすかったりする
デッキに爆発力や切り札が欲しいならRareより先に作ってもいい

Golden Egg Piwi Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/98dd7ed0c2bec288019834d37f0569b25d55343d
爆発力重視のドローソース
これ単体では機能しないため、ターンをまたぐか10マナ近くまで待つ必要があり使いづらい
しかし、条件が整えば無限に手札を使うことができるため3~6マナが中心のミッドレンジで採用するとえらいことになる
引きすぎてデッキ枯渇の心配をする必要があるほど

Protojlex Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/4f789f830313eac00d2a7ac5872d17266c4fdf5f
7/3/4/5という微妙なスタッツで強いんだか弱いんだか判断がつかないこのカードだが、実は強い
チャージ5ということは2セル分の補助があれば卵を叩けるということ
Fake Dofus・Arbert Lv3のBamboo Milk・その他IopやSramが得意なChargeによって真価を発揮する

Major Arachnee Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/539edd6ab30958b90c1b1967cc42c9ca5ba5fc75
自分サイドのミニオンを敵味方問わず手札に戻すことができる
基本的に敵に対しての切り返しカードとして扱うが、Infiniteや特定の相手に刺さるカードを再利用したりと応用力が高い
コンボパーツにしてもいいし、腐りそうなら除去にしてもいい器用さがウリ


ただ、このゲームは到着まで3ターンかかるのでバウンスがあまり強くない
過信はしないこと

Black Widow Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/867dfaa95b5500bde5ff3d43a239151a17e66406
自分サイドに居るミニオンを全て手札に戻すMajor Arachneeの強化版
一長一短の関係にあるのでどちらを採用するかはよく考える必要がある
味方ミニオンも戻してしまうので使いづらさが目立つが、Untargetableがついたミニオンも含めて詰められた盤面を一層できるのが利点
耐えさえすれば勝てるNecroデッキ、距離を取って仕切り直すことができるRangedデッキなどで一考に値する

  • AlbinarachneeでBlack Widowを手札に戻す→Black Widowを出す→Albinarachneeが手札に戻るループが可能で、無限に時間を稼ぎ続けることができる

Milkar Edit

http://uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/c3e84db0baeedc67c322a2e2f68e0e5f7873601d
10マナの最重量級モンスター、7/7のスタッツでChargeすることができる
「出して2マスチャージ→倒してFinalblowで2マスチャージ→次のターンで2マス移動→卵前の敵と戦闘→倒せば2マスチャージ」
出した次のターンには卵を割れるかなり展開の早いカードで、終盤戦を決めきるのに向く
7/7のスタッツで一方を取れないミニオンはゲーム中11体しか存在しない(一方を取られるのはうち3体のみ)

  • 相打ちはWobot 02(7/5/4/2)・Do(7/7/7/3)・Ancestral Treechnid(8/7/5/2)・Black Clow Lv3(8/7/7/3)・Chafer King(8/7/7/2)・Ruel Stroud(8/6/8/3)・Excarnus(10/6/8/2)・Oscar Kass(15/7/7/3)
  • 一方を取られるのがDragon Pig Lv3(8/9/9/3)・Gargoul(12/7/8/2)・Num(15/8/8/2)